クレジットカードのポイント還元率比較

スポンサーリンク

クレジットカードの決め手は還元率の高さ

財布の中にキャッシュがなくても、クレジットカードがあれば決済ができますので、とても便利です。

 

最近は、ほとんどの人がクレジットカードを持っていて、何枚ものクレジットカードを使い分けている人もいます。

 

昔は、家具や、家電製品、装飾品など、いつもよりも効果な買い物をする時がクレジットカードの出番でした。

 

コンビニや、スーパーなど、ちょっとした買い物にも、クレジットカードを使うことが多くなっています。

 

財布の中に小銭を入れておき、その都度支払いに手間をかけるよりも、クレジットカードを使った買い物のほうが、利便性の良さがあります。

 

クレジットカードは、利用金額に応じたポイントを貯めておくことで、お得なサービスが利用できます。

 

クレジットカードを使って買い物をすると、決済金額のおおよそ0.5%程度のポイントが入るという仕組みになっています。

 

カードによっては還元率1〜2%というところもあって、多くの人が関心を集めているところです。

 

一見、ポイントサービスの充実はお得なクレジットカードに見えますが、その分、クレジットカードの利用額に制限が設けられていることもあります。

 

年間で一定量のクレジットカード決済をしなければ、年会費無料が取り消しになる可能性もあります。

 

ポイントを溜めながらクレジットカードを使い、年会費を支払う方法と、ポイント自体の還元率は、どっちがお得かを考慮する必要があります。

 

自分が1年でクレジットカードを使う金額はどのくらいの金額なのかで、年会費を支払ったほうがお得かどうかがわかります。

スポンサーリンク

クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

クレジットカードは現金の持ち合わせが無くてもショッピングが出来る大変便利なものです。

 

買い物に便利なだけでなく、クレジットカードはポイント付帯サービスのついているものが多く、非常にお得な買い物ができます。

 

近年、クレジットカードが利用できる範囲は広がる傾向にあります。

 

日用品やコンビニでの買い物、光熱費などでもカード決済が可能です。

 

保険料や住んでいる場所によっては自治体に支払う税金もクレジットカード払いが出来ることもあるようです。

 

色々な長所がクレジットカードにはありますが、中でもポイント特典サービスは魅力的です。

 

クレジットカードの大半は利用金額に応じたポイントバックがあり、一部のカードは1%以上の還元率を誇るものがあります。

 

高い還元率になるほど、非常にお得になりますが、1.5%以上のクレジットカードでは、年会費が必要になるケースが多いようです。

 

ポイント還元率1%で年会費無料のクレジットカードと、還元率1.5%で年会費が15,000円のカードのどちらがお得かは使う人次第です。

 

1年間に、30万円以上のクレジットカード決済をしなければ、15,000円の年会費を、1.5%の還元率で取り戻すことはできません。

 

ショッピングや家庭の固定費の支払を年間いくらになるのか計算してみて、30万円以上になるかどうかが比較のポイントです。

 

仮に、年間で利用するクレジットカードの決済総額が30万円より多くなる見通しがついているなら、年会費があっても相殺できます。

 

クレジットカードの選択は、カードの利用頻度を考えた上で、還元率と年会費を比較することが非常に重要となります。

スポンサーリンク

クレジットカードのポイントによる還元率について

クレジットカードを使った買い物をすると、購入金額に対して一定のポイントが入ることがあります。

 

クレジットカードのポイントバックによる還元率は0.5%と設定されている場合が多いようです。

 

10万円分のクレジットカードを利用した場合には、500円分のポイントが還元されることになります。

 

クレジットカードをよく使う人にしてみれば、少しでも高い還元率のクレジットカードを使いたいと思うものです。

 

最近では還元率が1%を超えるようなケースも増えており、人気のクレジットカードとなっています。

 

これまでの0.5%の還元率と比べると2倍以上のポイントバックが期待できることになります。

 

還元率が高ければ、クレジットカードの利用金額が今までどおりでも、遙かにお得になります。

 

ポイントの還元率が高いクレジットカードの場合は、得られるメリットが大変大きいので所有しておくことをおすすめします。

 

仮に還元率が1.5%のカードで年間100万円利用するとすると、15000円分のポイントがバックされることになり、大変お得です。

 

還元率の高くないクレジットカードと比較すると、ポイントの入り方が全く違うことがわかるでしょう。

 

クレジットカードを申込む場合には、ポイントの還元率がいくらになっているのか、必ず確認するようにしましょう。

 

還元率以外にも比較検討する条件はありますが、還元率はメリットの大きい比較ポイントになるので、忘れないようにしましょう。